宇宙

宇宙空間の温度はどうなっている? 人間がもし生身でいたとしたら!?

宇宙空間の温度について考えた事はありますか?

宇宙船で地球を遠く離れた場所に行き、宇宙空間に飛び出す想像をしたことのある方も少なくないと思います。

そのような想像の中で、宇宙空間に生身で漂ってみたら一体どんな感覚を味わうのだろうか?

温度はどのようになっているのかが気になって来るのではないでしょうか。

宇宙の温度についての理解するには、まず私たちが今いる地球の温度について意識する事が必要となります。

それでは、宇宙空間の温度についてみていきましょう。

宇宙空間の温度は、摂氏マイナス270度

結論としては、恒星やその近くにある惑星などの影響を受けない場所では、現在摂氏マイナス270度だとされています。

近いと言えそうな温度での例えでは、酸素は-219℃で固まり、-183℃で沸騰します。

地球の酸素は沸点を越えて気体となっている状態です。

人間の体の半分以上を占める水分を構成する元素一つである水素も、沸点が-252℃、融点が-259℃であるため、マイナス270度の中では水素ですら原則固まってしまう事になります。


摂氏マイナス270度という温度は一体どこから導き出されたの!?

意味ありげなこの温度、気になりませんか?

実はこのマイナス270度というのは、絶対零度0(ゼロ)K(ケルビン)、摂氏に換算するとマイナス273度の3度上の温度であり、絶対零度というのは熱力学における最低温度の事です。

熱力学では、温度は原子や分子の運動の激しさを表し説明することができます。

絶対零度は最低温度であるため、理論上は原子も分子も無い状態という事になりますが、実は真空だと言われていた宇宙のあらゆる場所から電磁波がキャッチされており、その電磁波の波長を調べることで宇宙空間の温度は絶対零度よりも3度高い3K、-270℃であることが判ったのです。

温度の高低とは、原子やイオン、電子の活動の強弱

私たちが物の温度を感じる時、その高低はどのような仕組みでその感覚を得るのでしょうか。

温度というのは熱の量です。

そして、熱はあらゆる物質を構成する分子の運動です。あらゆる分子は運動し、熱量(エネルギー)とセットになっていると考えてください。

運動というと目で見て分かる走行中の車などを思い浮かべるかも知れませんが、その車がエンストして炎天下、ボンネットで目玉焼きが焼けそうになっている時ボンネットの金属を構成する分子は激しく活動をしています。

そして、真冬の冷えた環境でもカンカンに冷たいボンネットの分子は緩やかに活動しています。熱は高い方から低い側へ流れ込むという原則があります。

その為に冷たくなった手を30℃のぬるま湯に入れると、手の表面からぬるま湯が手の中に入らなくても、ぬるま湯の分子は壁(手の皮)を揺らし、活動が低く冷たかった手の表面の分子が動かされ手が温かくなりますが、ぬるま湯に手が慣れると今度は段々冷たく感じるのは、人の平熱は36℃前後であり、ぬるま湯よりも高温だからです。

883cc97feacdb7ec859c7d70ec673967_s

最後に

宇宙空間の温度はとても低いです。大気という物質がたっぷりある地球上と比べて真空に近い宇宙空間であるため、人が生身でいたら粉々になってしまうというだけでなく、温度の面からも人の体温は摂氏マイナス270度に対してとても高温であり、熱の移動の事を考えても、想像を絶する事態になりそうです。

夢が壊れてしまいそうですが、注目したいのは、宇宙空間の温度は現在、絶対零度の3℃上という事です。

この3℃の意味は、宇宙の始まりや現在までの時間の流れに関係していて、今後の研究の発展の為にはとても重要な事なのです。

PAGE TOP