火星

火星は何故赤い その理由は火星の大地にあった!?

夜空を見上げると、火星は赤く輝いて見えます。

この赤い輝きから、昔の人々は火を連想し、「火星」という呼び名をつけたとされています。

一方で、私たちが暮らす地球は、宇宙から見ると青く輝いて見えます。

火星と地球はよく似た惑星だとも言われていますが、宇宙から見える色は全く違います。

何故、火星はこのように、赤く見えるのでしょうか。

火星の地表の色が「赤い輝き」の理由

太陽のように自分から光を発する星(恒星)の場合では、表面温度が3000℃ほどの年老いた状態になると、赤く見えるようになります。

しかし、火星はご存知の通り、恒星ではなく、惑星です。

したがって、火星が赤い理由は表面温度にはありません。

では、火星が赤く見える理由は何かという何かというと火星の表面を覆う土や岩石に理由があります。

この土や岩石が、赤っぽい色をおびているのです。火星の表面の大部分が、この赤っぽい土や岩に覆われているため、そこに太陽の光があたって、赤く輝いて見えるという仕組みなのです。

赤い地表は酸化鉄を多く含んでいるから

土や岩石が赤っぽい色をしているのが地表の色の原因なわけですが、何故赤っぽい色なのでしょうか。

この答えは火星の表面を覆っている土や岩は、酸化鉄を多く含んでいます。

酸化鉄とは、身の回りのもので言うと鉄サビのことです。

鉄がさびると、赤茶色になってしまいますよね。もともと土壌に多く含まれていた鉄分が、風化によって酸化鉄となったと考えられています。

この酸化鉄の色が、土や岩石を赤く見せているのです。

また、この表面の土や岩石から生まれる砂やちりが、火星にたびたび発生する砂嵐などで空中に巻き上げられます。

この空気中の砂や塵が原因となって、大規模な砂嵐が発生することがあります。この大砂嵐が起こると、宇宙から火星は赤茶色のもやに覆われたように見えます。

地表が赤いのが宇宙空間から見えているなら、大気はない!?

火星は、地表の色がそのまま宇宙の向こう側の地球からも見えてしまっていることで赤い色に見えていました。

地球ならば、雲に覆われる部分もありますが、火星には雲がないため、さえぎるものがなく観測することができるのです。

雲がないということは、大気がないということなのでしょうか。

地球とくらべると、非常に薄いですが、火星にもわずかながらに大気が存在しています。

地球のように大気が多いと、雲が発生しますが、火星の大気の量では雲が発生せずに表面が宇宙からも見えてしまっています。

ddd

最後に

火星の表面の土壌や砂の色が、遠い地球から見た際に赤い輝きとなって届いているなんて、考えてみるととても不思議なことですね。

火星には、常に空気中に赤っぽい塵が舞っているので、火星に降り立った人が空を見上げたら、空がピンク色に見えると言われています。

宇宙の外側からも、惑星の内側でも赤く見えるとは、まさに「火星」と呼ぶにふさわしい惑星ですね。

関連記事

  1. 94a5ef0a360295711cac8eb0ee325c8b_s 火星の重力は地球と比べて、どれくらい? 重力がもたらす影響につい…
  2. MRO 地球のおとなりの惑星 火星の衛星の数はいくつ?
  3. da4a02ffd564c78a5e1373d712979d2e_s 火星の大気には酸素が含まれる!? 火星の大気成分事情
  4. Mars_23_aug_2003_hubble 火星が「火星」という名前で呼ばれている由来とは?
  5. f8c66e445e6807ec1d897f35e00bab24_s 火星移住計画プロジェクト 酸素はどうやって、生産するの!?
  6. 14acf9b5fb716af785bb784758ba7075_s 火星への片道旅行!? マーズワンプロジェクトで火星に行くのにかか…
  7. 91052455_d0691d4cd3_o 地球・月・火星の大きさを比較するとどんな感じ?
PAGE TOP