火星

火星移住計画プロジェクト 酸素はどうやって、生産するの!?

今から数年前の2012年、オランダの非営利団体「マーズワン」が火星移住者の募集をしたというニュースを聞いたことがありませんか。

マーズワンは、火星への移住プロジェクトをすすめている団体で、この募集によって選ばれた人たちを片道切符ではありますが、火星に送り込むことを計画しています。

ところで、移住と簡単に言ってはいますが、火星には人間が住める環境があるのでしょうか。

生きていくために、何よりも重要な酸素をどうするのか見ていくことにしましょう。

火星には酸素がほとんどない

実は火星の大気は地球に比べて非常に薄く、しかも酸素がほとんどありません。

主な成分は二酸化炭素で、大気の95%以上を占めています。酸素の量は1%にも届きません。

これでは、呼吸なんてできる環境ではありませんね。人は窒息してしまうでしょう。

人が火星で地球と同様の暮らしをするためには、大気を地球と同じような組成に変える必要があるのです。

そこで、火星の環境を改造する「テラフォーミング」という考え方に基づいた研究が進められています。

移住生活に必要な酸素は自給自足で

しかし、テラフォーミング計画がどのような方法によって行なわれるにしろ、人が火星に降り立って作業をしなければならないなど、現在の火星の大気の中で、人が活動をしなければならない期間があるはずです。

現在進められている火星移住計画「マーズワンプロジェクト」では、火星に設置する居住スペースで人が生活できる程度の空気を作り出すため、火星の地下に含まれている水分を集め、電気分解することによって酸素を製造することが予定されており、酸素の自給自足をするそうです。

この方法で、火星の開発、移住をどんどん進めていく計画とされています。

大気そのものをつくりかえる「テラフォーミング」

さて、火星の環境を改造して人が住めるようにするためのテラフォーミング計画では、酸素をどのように作ろうとしているのでしょうか。

大気の組成を変えるために必要なのは、まずは今の薄い大気を、分厚く濃い大気にすることです。どのように大気を厚くするのかという方法も様々に考えられています。

例えば、火星の北極と南極にあたる部分には、ドライアイス(二酸化炭素の氷)が大量に存在しています。このドライアイスを溶かし、二酸化炭素を増やすことで、大気を厚くするという方法も考えられています。

二酸化炭素は、熱をためこむ性質をもち、温室効果をもたらします。地球の温暖化も、二酸化炭素のこの温室効果が影響していると言われています。分厚い二酸化炭素の大気は、火星の気温を高めてくれることでしょう。

大気の量が増え、気温が高まれば、火星地下の水分が溶け出し、水が液体として存在できるようになります。この水を利用して、植物を育て、光合成によって徐々に酸素を増やしていくという方法も研究されているところです。

f8c66e445e6807ec1d897f35e00bab24_s

最後に

身近な植物たちが、惑星の大気を造りかえるための装置として、火星に最初に住む生物になるのかもしれません。

考えてみると、地球も植物の光合成のおかげで、わたしたちが呼吸できる大気となったのでしょう。緑に満ちた火星への移住、夢がある話ですね。

NASAでは、2030年代の火星有人探査を目指して、研究・開発が進められています。こちらもマーズワンプロジェクトと同様注目したいですね!

関連記事

  1. 94a5ef0a360295711cac8eb0ee325c8b_s 火星の重力は地球と比べて、どれくらい? 重力がもたらす影響につい…
  2. MRO 地球のおとなりの惑星 火星の衛星の数はいくつ?
  3. Mars_23_aug_2003_hubble 火星が「火星」という名前で呼ばれている由来とは?
  4. da4a02ffd564c78a5e1373d712979d2e_s 火星の大気には酸素が含まれる!? 火星の大気成分事情
  5. 91052455_d0691d4cd3_o 地球・月・火星の大きさを比較するとどんな感じ?
  6. ddd 火星は何故赤い その理由は火星の大地にあった!?
  7. 14acf9b5fb716af785bb784758ba7075_s 火星への片道旅行!? マーズワンプロジェクトで火星に行くのにかか…
PAGE TOP