地球

地球・月・火星の大きさを比較するとどんな感じ?

「マーズワン・プロジェクト」という移住計画で話題となっている火星。

地球に近い惑星で、環境も地球とよく似ていると言われています。では、火星の大きさも、地球と同じくらいの大きさなのでしょうか。

それを知るためにも、まずは地球の大きさから見ていきましょう。

地球は太陽系の惑星では5番目に大きい

地球の直径は、赤道部分で12,756kmあります。質量はなんと大きいんだろう!と一瞬思うかもしれませんが、太陽系の惑星の中では、上から5番目の大きさです。

順番としては木星⇒土星⇒天王星⇒海王星⇒地球の順番です。

月は地球サイズの衛星にしては大きい

地球の衛星である月は、直径が3,474km。

太陽系の惑星にしたがっている衛星の中には、月よりも大きな衛星がいくつもありますが、惑星の大きさと衛星の大きさの比率で見ると、月は太陽系の中で最も大きい衛星となります。

火星は太陽系では小さい星

火星の直径は6,779kmとなっており、直径だけでみると地球や地球の内側を回っている金星よりも小さく、水星についで2番目に小さい星です。

また、地球とのサイズ比較では地球の直径の半分をちょっと超える程度の大きさです。

地球を1とした際の比較

ここまで直径が何kmあるかを見てきましたが、あまりに大きいのでイメージがつかみづらいですよね。地球の大きさを1としてみていくと、具体的なイメージがつかみやすいでしょう。

地球の直径を1とすると、月は約4分の1ほど、0.25程度です。質量で見ると、地球の81分の1。なんだか小さく思えてしまいますね。

火星は地球の約半分ほどの直径ですから、0.5よりちょっと上くらい。質量では地球の10分の1程です。火星と月を比較すると、火星は月の大体2倍くらいの直径があるんですね。

地球をビー玉くらいだとすると、火星はおもちゃのビービー弾ほど、月はそれより小さい、胡麻ほどの大きさに見えることでしょう。

このようにイメージしてみると、火星は地球とよく似た惑星ではありますが、大きさは随分違うことが分かります。

91052455_d0691d4cd3_o

星の大きさと重力は比例している

それぞれの惑星の大きさは、その星の重力に比例します。惑星の質量が大きければ、それだけ重力も大きくなります。

月や火星は地球よりも質量が小さいですから、それだけ重力も低くなります。月の重力は地球の6分の1ですし、火星の重力は地球の3分の1ほどになります。

地球より少しミニサイズの火星に移住できるようになれば、月ほどではないでしょうが、ふわふわしたムーンウォークならぬ、火星ウォークができるのでしょうね!

関連記事

  1. be86e16d1f098cb3f59a85b915c6b575_s 何故、地球は公転をしている? 大昔から変わらない不思議な理由
  2. a674d7a634c7552e757fd10f79f3c0d2_s 次のスーパームーンはいつやってくる!? 2016年のこの日に夜空…
  3. 14acf9b5fb716af785bb784758ba7075_s 火星への片道旅行!? マーズワンプロジェクトで火星に行くのにかか…
  4. ee3b1bead3a01eedb6670ded6efb64e3_s 宇宙から見た際に地球が青い理由は海と大気がキーポイント!?
  5. MRO 地球のおとなりの惑星 火星の衛星の数はいくつ?
  6. da4a02ffd564c78a5e1373d712979d2e_s 火星の大気には酸素が含まれる!? 火星の大気成分事情
  7. 54b9498ccb4e0da3603c16e593a22f60_s 火星ばかり言われるけれど、月への移住の可能性はあるの?
  8. f8c66e445e6807ec1d897f35e00bab24_s 火星移住計画プロジェクト 酸素はどうやって、生産するの!?
PAGE TOP